FXのリスクとリスク回避法

FXにだけ限ったことではありませんが、投資にはリスクが伴います。上手に資産運用するためには、リスクを知ってリスク回避するコツをつかむことが大切です。
では、どういったリスクがあり、どのようにリスクを回避していけるのでしょうか。

●FXのリスク
・為替の変動
為替レートは刻々と変化をしていて、寝ている間に急激な変化が起こる可能性があります。為替レートは政治や経済の状況に影響を受けます。テロのような突発的なことが起こる可能性がないとはいえないので注意が必要です。

・保有しているだけで費用が発生
2つの通貨の差をスワップポイントといいます。保有しているだけでスワップポイントによる利益を得られることがありますが、保有しているだけでスワップポイントの支払いで利益がマイナスになってしまうこともあります。

・倒産、破産のリスク
FXの取引会社が絶対に倒産・破産しないとはいえません。信頼保全というシステムを採用していれば、預けている資産は返ってきますが、信頼保全を採用していないと返ってきません。

・レバレッジ
レバレッジとは今現在資金が手元になくても証拠金の何倍もの資金の取引ができる仕組みです。国内でば最大25倍のレバレッジが可能です。
レバレッジを利用すれば高額な取引が可能となりますが、大きく設定をするとリスクが大きくなります。為替レートが下がったときには資産がゼロになってしまう恐れがあるので注意が必要です。

●FXのリスク回避方法
・ツールの活用
急激な為替レート変動に備えてお知らせをしてくれるメールサービスを用意している取引会社があります。このようなツールを使うことで損失をできる限り抑えることができます。

・レバレッジを低く抑える
レバレッジのリスクを回避するには、レバレッジを低く抑えましょう。レバレッジが低ければ、リスクも低くなります。
また、レバレッジを高く設定した場合は、取引量を抑えることでリスクが低くなります。

・信頼保全を採用したいる会社を選ぶ
国内の取引会社は信頼保全が義務づけられているため、万が一倒産や破産をしてしまっても資産が返ってきます。海外の取引会社は信頼保全を採用していないことがあるので注意をしてください。

・自分のスタイルを決める
為替変動によるリスクを抑えるためには、日々分析をすることが大切です。
大きな損をしそうだと思ったら、すぐに決済した方がよい場合があります。「もしかしたら回復するかも」と待っていると、どんどん損をする可能性があります。決済のタイミングの自分のスタイルを決めておきましょう。